クリエイティブ・コモンズ:表示・非営利・継承
著作権について
Powered by ...
MT icon
Movable Type 6.7.5

Apache icon
Apache Web Server

著作者への連絡方法

2021年2月 2日

(Python) Matplotlibでグラフ作成

PythonでMatplotlibを用いてグラフを作成する基本サンプル

matplotlib.pyplotに直接描画するMATLAB方式で単純なグラフを作成

MATLABで用いられていた流儀、pyplotにplotで直接グラフを描いていく方法。 設定項目が少ないので、あまりお薦めではないが、簡便にグラフを描くには最適

20210202-simple-plot.jpg

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-
 
import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np
 
# x軸の0.0から5.0を100等分
#x = np.linspace(0, 5, 100)
# x軸の0.0から5.0まで0.05間隔で
x = np.arange(0, 5, 0.05)
 
y1 = np.sin(x * 2 * np.pi) * np.exp(-x)
y2 = np.sin(x * 2 * np.pi)
 
plt.plot(x, y1, color='red', label='y=sin(2pi*x)*exp(-x)')
plt.plot(x, y2, color='darkgreen', linewidth=0.5, linestyle='--')
 
plt.grid(color='#bbbbff', linestyle='dashed')
plt.title('Sample Graph')
plt.legend(loc='upper right')
 
plt.show()

numpy.linspace
numpy.arange の2つのメソッドは、どちらも等差数列を作るのだが、要素数の与え方に注意が少しだけ必要。

たとえば、0 から 5 を10等分した等差数列を作る場合は、次のように「赤で着色した」部分に注意。

>>> np.arange(0, 5+0.5, 0.5)
array([ 0. ,  0.5,  1. ,  1.5,  2. ,  2.5,  3. ,  3.5,  4. ,  4.5,  5. ])
 
>>> np.linspace(0, 5, 10+1)
array([ 0. ,  0.5,  1. ,  1.5,  2. ,  2.5,  3. ,  3.5,  4. ,  4.5,  5. ])

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2021年1月23日

UbuntuのRTC時刻設定をWindowsに合わせてローカルタイムに変更する

WindowsとLinuxを同じPCで使っていると、起動時に時間が9時間ずれることがある。複数のLinuxをインストールしている場合、RTCの時刻認識設定をすべて同じにしておかないとまずい。

毎回Googleで調べてコマンドを実行するのも面倒なので、ここにメモっておく。

現在の状態を調べるコマンド

$ sudo hwclock 
2021-01-23 09:55:16.638236+09:00
 
$ sudo timedatectl 
               Local time: 土 2021-01-23 09:56:17 JST
           Universal time: 土 2021-01-23 00:56:17 UTC
                 RTC time: 土 2021-01-23 00:56:17    
                Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)   
System clock synchronized: yes                       
              NTP service: active                    
          RTC in local TZ: no

赤字で示したように、LinuxはデフォルトでRTCをGMTで認識するようになっている。

これは、RTCをローカルタイムとして扱っているWindowsとは違う挙動だ。

RTCの認識をローカルタイムに変更する

$ sudo timedatectl set-local-rtc 1

設定後の状況を再確認

$ sudo hwclock 
2021-01-23 09:57:35.077937+09:00
 
$ sudo timedatectl 
               Local time: 土 2021-01-23 09:57:20 JST
           Universal time: 土 2021-01-23 00:57:20 UTC
                 RTC time: 土 2021-01-23 09:57:19    
                Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)   
System clock synchronized: yes                       
              NTP service: active                    
          RTC in local TZ: yes                       
 
Warning: The system is configured to read the RTC time in the local time zone.
         This mode cannot be fully supported. It will create various problems
         with time zone changes and daylight saving time adjustments. The RTC
         time is never updated, it relies on external facilities to maintain it.
         If at all possible, use RTC in UTC by calling
         'timedatectl set-local-rtc 0'.

2021年1月21日

大阪城梅林のロウバイが満開。梅は例年より遅い咲き始め

大阪城公園の梅林は、ロウバイ(蝋梅)が満開。梅は咲き始めで、例年より少し遅め。

20210121-roubai01.jpg
大阪城梅林の蝋梅(ロウバイ)

12月末時点で、“黄葉した葉っぱが満開” だった蝋梅の木が、見事に全ての葉を落として花が満開となっている。

20210121-roubai02.jpg
大阪城梅林の蝋梅

花弁は透き通っている

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2021年1月18日

TDA7297アンプ基板で小型アンプを製作

2年ほど前、eBayで3つ購入したのち、放置していた残りのTDA7297アンプ基板を使って、小型アンプを製作した。

20190721-ebay-amp-tda7297.jpg
XR-113 (TDA7297, 2 x 15W) Audio Amplifier Board (Version B) 価格約300円

今回用いた材料は…

XR-113 (TDA7297アンプ基板) 約300円
バナナプラグ端子 ×4個 約75円×4個
3.5mmステレオ端子 ×1個 約120円
3.5mmステレオジャック(内部用) ×1個 約120円
2.5mm電源端子 ×1個 約100円
スナップスイッチ ×1個 約140円
プラスチックケース 100円

合計金額 1,180円


TDA7297アンプ基板と端子類を100均ケースに取り付けた状態(配線前)

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2021年1月17日

Python 2 と Python 3 での文字エンコード取り扱いと、テキストファイルの読み込みの違い

Pythonの文字エンコード取り扱いは、バージョン2から3に上がる時に互換性をかなぐり捨てたせいで、ややこしい。
プログラミング時のために、覚書をまとめてみた

デフォルト・エンコーディングを確認する

Python 2 (Ubuntu)
>>> sys.version
'2.7.17 (default, Sep 30 2020, 13:38:04) \n[GCC 7.5.0]'
 
>>> import sys
>>> print(sys.stdout.encoding)
UTF-8
>>> print(sys.stdin.encoding)
UTF-8
>>> print(sys.getdefaultencoding())
ascii
>>> sys.getdefaultencoding()
'ascii'
>>> print(sys.getfilesystemencoding())
UTF-8
>>> import locale
>>> print(locale.getpreferredencoding())
UTF-8
Python 3 (Ubuntu)
>>> sys.version
'3.6.9 (default, Oct  8 2020, 12:12:24) \n[GCC 8.4.0]'
 
>>> import sys
>>> print(sys.stdout.encoding)
UTF-8
>>> print(sys.stdin.encoding)
UTF-8
>>> print(sys.getdefaultencoding())   # str.encode(), str.decode() で引数なしの場合のデフォルトエンコード
utf-8
>>> print(sys.getfilesystemencoding())   # ファイル名のエンコード
utf-8
>>> import locale
>>> print(locale.getpreferredencoding())   # テキストファイルを開く時のデフォルトエンコード
UTF-8
Python 3 (Windows 10) の Ubuntu からの差分
>>> sys.version
'3.9.0 (tags/v3.9.0:9cf6752, Oct  5 2020, 15:34:40) [MSC v.1927 64 bit (AMD64)]'
 
>>> print(locale.getpreferredencoding())   # テキストファイルを開く時のデフォルトエンコード
cp932

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2021年1月 9日

確定申告の納税額を概算する(一般口座での株式譲渡益・iDeCoとふるさと納税の控除)

株式の売買を一般口座で行ってしまったため、確定申告しなければならなくなった… めんどくさい。

納税額は、国税庁の確定申告サイトで入力すれば自動的に算出されるが、入力に間違いがないかどうかを確かめるには検算が必要だ。

以下、検算のための所得税の計算方法を簡単に取りまとめてみた

税率、控除額の概要

株式譲渡益に対する税率

一般口座での上場株式の譲渡益に対しての税率は、国税庁のWebページによれば

20210109-kabusiki-zeiritu.jpg

15%(所得税) + 5%(住民税) = 20% ではなく、復興特別所得税として、所得税が2.1%割増しされるので、 15 × 1.021 = 15.315%となる。

特定口座の年間取引報告書を見れば、たしかにこの税率(15.315% + 5%)だ…

確定申告のWeb画面では、「売却日」ごとに1行ずつ入力する。取得(購入)が複数回の場合は、国税庁のWebでさんざん解説されているように、按分計算を行って実質的な総取得金額を入力し、取得日は「最終の取引を行った日」を入力する(かつ、2回以上に渡って取得しているチェックボックスをONにする)。

20210109-kabusiki-input.jpg

iDeCoの控除額

iDeCoは年間に支払った掛け金の「全額」が、所得から控除される

20210109-ideco.jpg

ふるさと納税の控除額

ふるさと納税は

・ 所得税の計算では、「ふるさと納税額 - 2,000円」 を 「所得から控除」
・ 住民税の計算では、「ふるさと納税額 - 2,000円 - 所得税納税額の減少分」 を 「納税額から控除」

結果として、国税・地方税の合計として 「ふるさと納税額 - 2,000円」 が割り引かれるという仕組み。

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2021年1月 1日

新春早朝の野田恵美須神社と福島天満宮へ初詣

新型コロナの爆発的感染の異常事態の中、まだ人混みが起こる前、日の出直後に初詣へ

20210101-rokko-sunrise.jpg
初日の出に赤く染まる六甲山系

芦屋市奥池の建物のガラス窓が、朝日を反射して輝点となっている。

まず、野田恵美須神社へ向かう。 境内には、7時台なのにすでにかなりの人が来ている。 産廃の行列ではなく、なぜか本殿の前に集結して何かを待っている様子…

20210101-nodaebisu01.jpg
野田恵美須神社

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2020年12月31日

この一年、悔いなしと散る標語…

近所のお寺の掲示板に貼り出された年末の標語

20201231-kuinasi.jpg

この一年
悔いなしと散る
落ち葉かな

株価爆上げの素晴らしい一年だったのか、海外旅行に行けなかったしょうもない一年だったのかなどと想い巡らすのではなく、『悔いなし』と断言するのが素晴らしい

そして、スーパーの店頭には恒例のクリスマスツリーが飾られていた

20201231-xmastree-01.jpg
スーパー店頭に置かれたクリスマスツリー

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2020年12月29日

(六甲山系) 森稲荷神社から魚屋道を登り風吹岩、そして金鳥山から保久良神社に下山

2020年の低山登山の締めくくりとして、森稲荷神社から魚屋道を登り風吹岩へ。折り返して下山は金鳥山、保久良神社へ。

歩行距離7.98km、到達最高地点の標高 447m(風吹岩)、約2時間25分の散歩レベルの登山だ。

・ヤマレコの記事 『 六甲山系 風吹岩(往路 魚屋道、復路 金鳥山・保久良神社)

20201229-tracklog.gpx.jpg

20201229-tracklog-height.svg.png

GPXファイルをダウンロードする

今日は登山口に近いJR甲南山手駅を利用する。 年末年始の休暇期間なので、電車は空いている。だいたい、1席ずつ間を空けて座る程度の乗車率だ。

■ JR東西線・山陽線 海老江駅 09:27発 → 甲南山手駅 09:57着 (運賃 310円)

甲南山手駅前から三宮方向へ、300mほど歩く。 そこから高橋川の支流の宮川に沿って六甲山の方向へ。

少し行くと、森稲荷神社がある。

20201229-moriinarijinjya.jpg
森稲荷神社

神社の横を過ぎて、緩やかに坂道を登っていくと…

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2020年12月25日

キッチンのシンク下収納に電池式LED照明(自動点灯)を取り付け

キッチンのシンク下の収納スペースは、天井からの照明が届きにくく、奥の方は暗くて見えにくい。

かつて、電子レンジを置いている収納スペースに、IKEAの100V ACアダプタ式のLEDバーを取り付けたが、電源線の取り回しは見た目も悪く、水回りだけに漏水時の漏電も心配。

ということで、今回はLEDランタンを改造して、ドアの開閉を検知して自動点滅する照明を取り付けてみた。

用意したのは、これらの100円商品たち

20201225-ledparts.jpg

・ ダイソー 連結ランタン (SMD LED 単三電池×3、6時間点灯)
分解し、スイッチ部分から並列接続でリード線を引き出し加工した

・ ダイソー フタ付きクリアケース
シンクの下に干渉するので、一分切り取り加工し、板壁に取り付けるための穴もあけた

・ ドアスイッチとして使うマイクロスイッチ
オムロン製 SS-01GL1111-E ( 0.1A 125VAC 0.1A 30VDC)

20201225-microswitch.jpg
オムロン製 SS-01GL1111-E

NO, NC, COM 端子があり、 a接点とb接点のどちらでも動作可能なマイクロスイッチ。 今回は、b接点側を使う

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2020年12月15日

キッチンの混合水栓をQG01KHJからRSF-842Yに交換した

松下電工 浄水器付混合水栓 QG01KHJ の浄水器側レバーハンドル付け根から水漏れするようになったので、水栓まるごと交換することにした。

2010年に『混合水栓 QG01KHJ 自在パイプのピンホールから漏水』で調べたように、この混合水栓の取り付け穴は Φ40mm であり、最近の混合水栓の標準的な取り付け穴サイズ Φ37mm より 3mm も大きい。 果たして交換可能なのか、チャレンジしてみた。

20201215-hole-adapter.jpg
ホームセンターで売られている水栓穴変換アダプター

新しい混合水栓の購入

水栓類の日本国内での2大メーカー、TOTO と LIXIL から選択することとした。 価格設定も両社ほぼ同じだ。

TOTOLIXIL (INAX)
11,000円レベルTKS05301JRSF-842Y
SF-WM420SYX
9,000円レベルRSF-542YA
SF-HB420SYXA

TOTOとLIXILの11,000円レベルの製品は、見た目がほぼ同じだが、スパウトの突き出し角度が少し違う。設計的には、接続ホースが太くて端末がネジ接合のTOTOと、接続ホースが細くて端末がソケット差し込みのLIXIL という違いだろうか。 接続部の耐久性だけを言えば、ネジ接続のTOTOがすこし有利か。

今回は、浄水機能のあるスパウトに交換可能なLIXILのRSF-842Yを買うことにした。

20201215-rsf842y-amazon.jpg
LIXIL (INAX) RSF-842Y をAmazon.co.jpで購入 (税込み 11,400円)

夜中の23時半頃に注文して、翌日の18時に配送された。

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2020年12月 7日

紅葉最終盤の六甲山系 再度山を歩く

新型コロナの「準」緊急事態で、今年の紅葉情報は早めに「散ってしまいました」という発表に変わっている。

しかし、実際の山では紅葉真っ盛り。 神戸の六甲山系 再度山(ふたたびさん)に登り、紅葉を満喫した。

・ヤマレコの記事 『 六甲山系 再度山 紅葉真っ盛り(錨山・市章山・堂徳山経由、布引貯水池まで)

20201207-tracklog.jpg

GPXファイルをダウンロードする

登山口の神戸元町 諏訪山公園へ

■ 阪神本線 野田駅 08:59発 → 尼崎駅 → 三宮駅 → 元町駅 09:35着 (運賃 310円)

通勤ラッシュの終わった9時少し前、野田駅より区間急行に乗車。 乗客はほとんど乗っておらず、ドアの間のロングシートの端に1人ずつ座っているくらいだ。

尼崎で乗り換えた三宮行き快速急行も似たようなもので、ラッシュが終わればこれほどガラガラに空くのかという驚きがあった。

元町駅で下車し、すでに出勤時刻が終わり閑散とした兵庫県庁の横を通って、登山口を目指す。

20201207-hyogoken-koukan.jpg
1902年に建てられた兵庫県公館

1985年まで県庁の庁舎として使われていた、ルネサンス様式の建物

20201207-eikoukyoukai.jpg
日本基督教団 神戸栄光教会

阪神・淡路大震災で倒壊し、2004年に建て替えられたゴシック様式の教会。 県庁に隣接している。

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

以下の記事は画面の都合上省略されています。全ての記事一覧は、こちらまで